あったらイイな!

やっと私が欲しかった家電が続々と商品化されてきています(^^)

例えば、お米を洗ってくれる炊飯器↓

洗濯物が畳んで出てくる洗濯機↓


これは、まだ家庭用に小型化するのに時間がかかるようですが、2020年には商品化されるそうです。
そして、こんな冷蔵庫も↓


外出先で冷蔵庫の中身が分かる

冷蔵庫の何処に何があるか教えてくれる

どんなメニューが作れるか提案してくれる

賞味期限を教えてくれる

などなど機能がいっぱい着いているようです^_^
やっと時代が私に着いてきたって感じです。
が、しかし、まだまだお米や洗剤、冷蔵庫の中身は自分で買わなくちゃいけないわけで。。
常日頃、思うのは、賃貸マンションに住んでいて、何故?トイレットペーパーやティッシュなど自分で買わなくちゃいけないのかと。。
ホテルに泊まるのにトイレットペーパーやティッシュを持って行く人はいない訳で、、
家賃に込みにしてくれればいいのにと常々思ってしまう。。
『あったらいいな』のサービスで、巷でウケているのは、

犬のお散歩

大型犬に手を焼いている飼い主さんをはじめ散歩が出来ない人に大人気のようです!

これは、犬の美容室がやっているサービスでトリミングもやってくれます。

まさしく『しかたない理論』ですよね!

散歩は、『おとり』な訳です。
自社の商品やサービスの『おとり』を考える参考にしてください!!

第一印象が大事??

お店のフロント周りの設で、印象がだいぶ変わるものです。
もちろん入り易い店、入り難い店を作ってしまう訳ですから、とっても重要な訳です。
最近、増えて来たのが動画です。動きがある方が人の目にとまり易く、コンセプトも伝えやすいものです。

何故今まで一般普及しなかったのか不思議なくらい。。

海外の方が動画看板は、普及している感があります。


続いて、調理風景が見れる。

写真は、鰻屋さんですが、焼いているところが見えるとの見えないのでは、食欲のそそり方が違うでしょう。(あいにく、休憩中で実演の写真が撮れませんでしたが。。)
小籠包で有名な鼎泰豐も世界的に調理風景を見せるスタイルが当たっていると思います。

最近良く目にするのが、ロウのサンプル。私くらいの歳だと新しい、、というよりは、懐かしい!!ですが、場所によっては、外国人対応なのでしょう、、個人的にロウ細工が好きなので、ついつい見入ってしまいます(笑)


メニューも文字だけよりも写真がある方がイメージが湧きます。選び易い訳です。

また、店の外にコンセプトの合う音楽が流れているのも『おや?』となるものです。
さらに、効果的なのは香りです。香りにつられて入店してしまった経験が誰にもあると思います。
是非、店の前で立ち止まらせる工夫をしてみてください!
ポイントは、五感を刺激する!!です(^_^)

ひときは上手にブランディングしているお店をみつけました!

合羽橋でひときわブランディングが上手いなと感じたのが、この釜浅商店さんです。

店に入ると包丁研ぎのデモンストレーションをしていました。『おや?』の作り方を分かっていますね〜。店内には、高級は包丁がいっぱいありました。まるで、刀を売るように包丁を売っているお店でした。
道を渡って隣の店舗にも行ってみました。
外には、『おや?』と目を引く商品をディスプレイしてありました。釜浅さん、本当に良く分かっていらっしゃる!!


店内のディスプレイも本当にオシャレで外人さんもたくさん訪れていました。

店内を物色していると、オリジナル商品がありました。
なんの変哲もないフライパンなのですが、受注生産で納期がかなり先(笑)



いくら何でもこんなに先なのは、どうなのかな〜とキョロキョロ見ていたら、なんと釜浅さんの4代目が本を出しているではないですか?


これまたブランディングが出来ている(^_^)

ただ包丁や料理道具を販売しているのではなく、歴史を大切にし、ライフスタイルを提案している訳なんですね。

『釜浅さんに感化されて料理を始めた!』なんて言う男性も多いのではないでしょうか?

男性は、道具や形から入る人が多いでしょうから(笑)

自社の拘りに一貫性をもつ!これこそブランド!

もっともっとブランディングしましょう!

合羽橋で見つけた、すごいビジネスモデル!!


久しぶりに合羽橋に行ってみました。

厨房機器や面白いグッズで溢れかえっていました!

商店街をあるいていると、

突然、商店街とは全く違う雰囲気のおしゃれなcafeがありました。


歩き疲れていた事もあり、休憩しようとお店に入ると、

なんともオシャレ。
そして、このcafe どうも設計事務所がやっているようで



2階には、たくさんの打合せルームがあり、実際に店舗デザインの打合せをしている人達がいました。

多くの飲食店経営の人達が集まるこの町ですから、

cafeに来て、『おしゃれ〜なんと設計施工してくれるんだ〜相談してみよう、、』となるのでしょう。
まさしく、ハエ取り紙の法則ですね!(ちょっと表現が悪いかな?いや、だいぶ悪いかもしれませんね。。すいません)
例えば、映像会社であれば、この商店街でデジタルサイネージなどの看板屋をやって、映像の仕事を受注するとか、
写真会社であれば、メニューブック専門店にして、メニューの撮影からデザインまでやりますよ!とか、
システム会社であれば、レジ専門店にして、ポスシステムも提供できますよ!にするとか、
まさしく『おとり』で店を構え、『本命商品』を売る!

これだけの集客力のある、しかもセグメンテーションされた人が来る町だからこそ、成り立つかもしれませんね。
競合、同業種と売り方を変えると価格競争に巻き込まれません!
『おとり』を何にするか?徹底的に考えてみましょう!

日本一食べにくいお菓子!

今日は、伊那市で講演させて頂きました。

新宿から『あずさ』に乗って、『茅野』に初めて降り立ちました。

セミナーの途中でオヤツに頂いたお菓子が、なんと伊那の塾生さんのお菓子でした。
が、セミナーの途中で食べたくても食べれない理由があります。。
帰りの電車までおあずけ。(笑)

『あずさ』に乗り込み、ホットコーヒーを買って、お菓子を食べてしまってから、
あっ!写真撮り忘れた。。と気づきました。
いつもこんな感じです(笑)

ひとまず、包み紙だけでもアップしておきますね(笑)

さて、前置きが長かったのですが、実はこのお菓子が日本一食べにくいお菓子なのです!
どう?食べにくいかというと、
食べるとボロボロ落ちるです。
相当、落ちます(笑)
ふつうは、食べやすく作るはずのお菓子が、美味しさを優先し、高温で短時間で焼き上げる為にこんな事になるそうです。
以前、『少しは食べやすくした方がいいですか?』と塾生さんから聞かれた事がありましたが、
『いや、せっかくの特徴なので、日本一食べにくいお菓子を目指してください!!』と答えました。
なんでも一般的にしてしまうことで、せっかくの特徴をなくしてしまう事ってあるものです。
感覚破壊!!
業界の当たり前基準にとらわれないこと。
大切です(^^)