これ、いい〜わ!

先日、はじめて大内塾に行ってきました。

一茶の撮影地に選ばれた事で、またまた注目の場所になっているようです。

大内塾に行ってみたかった目的は、これ↓


ネギ蕎麦(^^)

なんと、ここのウリは、ネギ一本で蕎麦を食べるのです。

さっそくチャレンジしてましたが、まったく蕎麦をすくう事が出来ず、結局、箸で食べながら、ネギをボリボリと頂く事に。

はじめて、長ネギにかぶりついてみましたが、美味しい(^^)

このパフォーマンスは、他のエリアの蕎麦屋でやってもウケると思います!
他にも大好きなイワナの塩焼きを頂きました。


炭火でじっくり焼いたイワナは、最高に美味しかった\(^o^)/


間違いなく『演出』勝ちですよね(^^)


真っ青に澄み渡った空が、とても綺麗でした。



食べ方の工夫をするだけでも話題になるかもしれませんよ!

残念(≧∇≦)

先日、映画を観ようと品川プリンスへ行った時の事。時間もなくお昼ご飯をフードコートで食べたのですが、数並ぶ店舗の中に叙々苑があったので間違えないだろう!と焼肉弁当を選んで食べてみました。価格も1600円もしたので期待が高まってたべてみると。


肉が噛めないほど硬い(≧∇≦)

とても残念な気分に。。

いくらフードコートだと言っても叙々苑ブランドで出店しているのであれば、これじゃブランドを下げてしまう事になり兼ねない、、、。

フードコートで食べて、いつか叙々苑へ行ってみたいと言う若い人達もいるはず。

ある意味、フードコートはジヨウゴの法則でいうなら『おとり』。

価格を下げて、本当に美味しいモノを出さなければ潜在顧客は育たないはず。。

飲食店の場合、『美味しいのは、当たり前』

手を抜いては、いけませんね(≧∇≦)

企業において、『おとり』は、とても大事です。最高のパフォーマンスを目指したいものです。

カタチを変える

ネットを見ていたら陶器のワンカップ酒が人気と書かれていた。

ネーミングも『ノマンネ』とは、なんとも九州っぽい。

二次利用は、こんな感じなのだろう(^^)
入れ物やパッケージを変えて人気になった商品はたくさんある。

以前にも紹介したかもしれないが、例えば、ケインズのガトーショコラも普通に提供してい時よりもパッケージを高級にし価格を上げてから大人気↓


浅草の由緒ある『おでんのおたふく』のお土産用のおでんの器もすごい!!

2人前で、なんと5000円ほどする高級おでん!

価値の分かる人にしか、プレゼントできないシロモノ。
自社の商品のカタチを今一度見直してみても良いかもしれませんね!

YAMADAの戦略


YAMADA電気の戦略は、凄い。

売ったら買い取る!


型遅れの商品も集めて売る!


これからのリサイクルショップは、戦略を考えないと売り元がリユースしちゃいますね。

自社の商品も買取が出来ないか検討してみても良いのかもしれませんよ。

すごいなソフトバンク(^^;;


全員の人が行くわけないですからね。。

メールが届いていることに気づきもしなかったです。

娘から教えて貰って初めて知りました(^^;;
ちなみに、企業の割引券もあまり低価格にすると余り意味がなく、高額にしても全員が使う訳ではないので、思い切ってサービスしてみるのも効果があるもの。ソフトバンクのように期限を切ってくださいね(^^;;

あ!割引きをし過ぎて、お客様が殺到し損しちゃったなどのクレームは、受け付けませんので、あくまでも自己責任でお願いします(笑)

期待をうらぎらないで(≧∇≦)

カプコンの創業者 辻元憲三氏が造ったナパのワイン

ai 藍は、本当に有名な高級ワインに育ったと思います。

前日、ある方からプレゼントで頂いたのですが、まだ飲まずにしまってあります(^^;;

何故なら、酔っ払って我が家にやってくる、やからには、ちょっともったいないから(笑)

そうは、言っても勝手に冷蔵庫や扉を空けて、大事なワインやシャンパンを飲まれてしまう事も多いのですが(すいません、ケチな事を言って(笑))
六本木をふらっと歩いていたら、ケンゾーエステイトが目に入り、試飲をしてみようと店内へ。


大好きな赤ワインの試飲をしてみました。

さすがワイナリーをもつケンゾーエステイト。

グラスに銘柄を分かりやすく付けてくれました。


にくいサービスですね。

ですが、もう少し店員さんの愛想が良ければ、もっと言うことがなかったのが本音なのですが(≧∇≦)

『◯田さんがよく来ているそうなので、寄ってみました』と言うと

『◯田さん? ◯田さんは、いっぱいお客様にいますからね〜』って(≧∇≦)
話は変わりますが、前日、私が尊敬する社長との会話で、

『◯◯レストランは、本当にホスピタリティがすごい!もう少し美味しいと言うことないのだけど。でも、あまりのホスピタリティの良さに行っちゃうんだよね〜』と。

味よりホスピタリティ?

ホスピタリティより味?

どちらにせよ、両方ともクオリティをあげて欲しいものです(^^;;

ライフスタイルを売るbalmuda

久しぶりのblogです。アメリカから日本に戻り、ビジネスモデル塾、経営計画作成セミナー、定例会、塾生さんとの面談等が続き、休みもなく仕事していたのですが、本当に本当に久しぶりのお休みを頂きました。

と、言っても月刊ビジネスのオススメ本の記事を書いたり、飲食店を紹介するコーナーの取材に行ったりと完全なお休みを取ったとも言えないのですが(笑)本もレストランも好きなので苦にもらなず、いつものように手際よく済ませ、(私、本当に仕事が早いと自負しております(^^)

朝から晩にかけて映画を2本観に行ったりと普段なかなか出来ない事が出来ました。

映画の帰りに六本木のTSUTAYAに寄ると、以前も紹介した事があるbalmudaが売られていました。まさしく本屋で売られている家電、『ターゲット変える』、『売り方のカタチを変える』だと思います。

何気に置かれているカタログの作り方が素晴らしく、今回紹介させてもらいます。


大判のカタログなのですが、はじめは写真が綺麗だなと手にしたのですが、中を見ると


トースターのカタログとは一線を画していますよね。


だってヘミングウェイからスタートするんですもん。


とっても美味しそうなパンの写真に『いいな〜この世界観』なんて思ってしまいます。


またまた、ヘミングウェイ。

渋すぎませんか?(^^;;

最後のページにスチームテクノロジーと完璧な温度制御と書かれています。
実は、私も買ってから一回しか使っていませんが、ふつうだったら『買って無駄だったな、、』と思ってしまうところ、思わせない、balmuda。。

分かりますか?この感覚?

持っている事が、オシャレと思わせてしまうこの戦略。

ただトースターを売ろうとしていないbalmudaの凄さなんです。

モノ余りのこの時代、良いものがイイのではなく、売れたモノが良いもの。

balmudaの今後の戦略が楽しみです。