日本一食べにくいお菓子!

今日は、伊那市で講演させて頂きました。

新宿から『あずさ』に乗って、『茅野』に初めて降り立ちました。

セミナーの途中でオヤツに頂いたお菓子が、なんと伊那の塾生さんのお菓子でした。
が、セミナーの途中で食べたくても食べれない理由があります。。
帰りの電車までおあずけ。(笑)

『あずさ』に乗り込み、ホットコーヒーを買って、お菓子を食べてしまってから、
あっ!写真撮り忘れた。。と気づきました。
いつもこんな感じです(笑)

ひとまず、包み紙だけでもアップしておきますね(笑)

さて、前置きが長かったのですが、実はこのお菓子が日本一食べにくいお菓子なのです!
どう?食べにくいかというと、
食べるとボロボロ落ちるです。
相当、落ちます(笑)
ふつうは、食べやすく作るはずのお菓子が、美味しさを優先し、高温で短時間で焼き上げる為にこんな事になるそうです。
以前、『少しは食べやすくした方がいいですか?』と塾生さんから聞かれた事がありましたが、
『いや、せっかくの特徴なので、日本一食べにくいお菓子を目指してください!!』と答えました。
なんでも一般的にしてしまうことで、せっかくの特徴をなくしてしまう事ってあるものです。
感覚破壊!!
業界の当たり前基準にとらわれないこと。
大切です(^^)