何かを求めていない自分

村上春樹さんの【職業としての小説家】を読んでいます。

印象に残ったのが、このフレーズ。

もしあなたが何かを表現したいと望んでいるのであれば、『自分が何を求めているのか?』というよりはむしろ『何かを求めていない自分』ということを、そのような姿を、頭の中でヴィジュアライズしてみるといいかもしれません。
確かに人は、求めるものを追求しがち。さっそく曼荼羅チャートに『求めていないもの』を書き出してみました。
新たな自分の感情を発見した気がします。

なぜ自分が今、この行動をとろうとしているのか?なぜこの時間を使っているのか?理解できました。

経営もそうですが、常に一方思考にならず、時には逆説を思考してみるのも、大切なモノの見方だなとつくづく思います。