CarityLink

お問い合わせ

TEL:03-6869-9922
受付時間9:00~17:30

No. 1ビジネスモデル塾永久保存版

No. 1ビジネスモデル塾永久保存版

〜成功企業が教えないビジネスモデルの設計から実践まで〜

ーNo. 1ビジネスモデル塾とはー

消費者の価値観、競争環境が急速に変化する中、従来のビジネスモデルで生き残っていくことが、難しい時代になってきています。
ビジネスモデルとは「儲けを生み出すビジネスの仕組み」。
No. 1ビジネスモデル塾は2019年を最後に終了したものの、年商1800億円の経営者から、これから企業する人まで、売れる戦略・流行る戦術・パレート分析・差別化から独自化など経営の真髄とも言えるノウハウを学ぶため、8年間で1059社1167人もの人が参加しました。

ーNo. 1ビジネスモデル塾永久保存版ー

No. 1ビジネスモデル塾永久保存版は、ビジネスモデルのノウハウを一挙約7時間のDVDにまとめたものとなっています。
・グランドデザインとビジネスモデルの関係
・成功する戦略、NO.1戦略
・持っている経営資源を自社の強みに変える方法
・NO.1戦術「おかずの法則」
・新規見込顧客の集客方法
など、成果へと導くノウハウが凝縮されています。
十数枚ものワークシートをダウンロードし、塾永久保存版DVDを何度も反復して見ることでよりビジネスモデルについて深く学ぶことが可能です。

ー主なテーマー

■グランドデザインを描く
・企業経営の柱はグランドデザインにあり
・グランドデザインの描き方とは?
・グランドデザインとビジネスモデルの関係
・グランドデザインと理念

■売れる戦略・流行る戦術
・成功する戦略、NO.1戦略とは?
・成功(夢)実現へのプロセス
・売れる戦術、流行る戦術とは?
・売れなかった商品が売れてしまう魔法の法則
・弱者が強者に勝つIT戦略

・儲かるビジネスを選び出すパレート分析のやり方
・持っている経営資源を自社の強みに変える方法
・儲かるビジネスモデルがみるみる作れてしまう、ワークシートの活用法

■ビジネスモデル作成
・ビジネスモデルとは?
・「実践」ビジネスモデル作成~完成 ・短期間に結果を出す、事業計画作成術
・異業種から学ぶビジネスモデルのヒント

■差別化から独自化へ
・差別化から独自化へ!そのノウハウを一挙公開!
・NO.1戦術「おかずの法則」とは?
・商品、サービスをどうブランディングするか?

■顧客成長とは
・顧客成長とは?
・新規見込顧客の集客方法
・リピート促進、ファン化の方法

ー講師紹介ー

髙井 洋子

株式会社Carity Link 最高顧問 髙井 洋子

前職では、経営者としてオリジナル家具のフランチャイズ本部からオリジナル住宅まで手がけ、立上げから3年で年商70億円を達成。爆発的に業績を伸ばし続 けた。女性ならではの感性、そして一気に飛躍できるビジネスモデルの構築には定評がある。現在、「ビジネスモデル塾」を主催する他、多くの経営者にビジネスモデル構築や戦略、戦術策定の指導、アドバイスを行い、中小企業の現状打破、業績向上に貢献している。著書に『400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法』(ダイヤモンド社)

大久保圭太

株式会社Carity Link 代表取締役 大久保圭太

2002年、早稲田大学商学部卒。会計事務所を経て、みらいコンサルティンググループ(旧中央青山PwCコンサルティング株式会社)に入社。中堅中小企業から上場企業まで、幅広い企業に対する会計税務アドバイザリー・企業再生業務・M&A業務に従事。2011年に独立し税理士法人ACS(東京税理士会、麹町支部所属)を立ち上げ、代表として年間数十社に及ぶプロジェクトを統括。同年、株式会社ACS設立。平成28年4月Colorz 国際税理士法人/Colorz Consulting株式会社に社名変更。2019年2月、株式会社Carity 代表取締役に就任。

ーNo. 1ビジネスモデル塾受講者からの声ー

株式会社 GOEN 代表取締役 三浦康司様
ジョイントにより可能性が大きくなる体験ができ、実際に落とし込む事で実現する事ができました。
これまでにない発想のビジネスフローが構築でき、売上アップと顧客の満足レベルの向上が加速しました。

株式会社花 PRANA 代表取締役 那賀洋子様
経営者として数字を理解できるようになった点は非常に大きかったです。
一人でやっていたら気がつかないことも多く、色々な方と話しをしたり、アドバイスをもらったりすることで 10 以上の情報を得ることができ、
素晴らしい時間を受講生と共有できました。

株式会社 ME コーポレーション 代表取締役 軸丸真衣様
感覚が大きく変わりました。何をする時も、感情で考えられるようになりました。
また、数字に強くなり根拠のない値下げをしなくなったので、売上が伸びました。